全国・海外ニュース/ 主要

土砂災害法改正案を決定

[2014年10月14日 08:58]

 政府は14日の閣議で、土石流や地滑りなどの危険がある場所を「警戒区域」に指定し、対策を重点化する土砂災害防止法の改正案を決定した。指定の前提となる基礎調査が進んでいない都道府県に対し、国が早期実施を求める。調査結果の公表も義務付ける。現場の多くの地域が未指定だった8月の広島市の大規模災害への反省から、区域指定を促し、住民に危険性を知らせる狙い。臨時国会での成立を目指す。
 国土交通省によると、全国に危険な場所は52万5千カ所程度ある。一方で、基礎調査の完了は38万9千カ所、区域指定は35万6千カ所にとどまっており、国の関与強化で引き上げを目指す。

主要一覧

10月14日

10月13日

10月12日

10月11日

10月10日

10月09日

10月08日

10月07日

10月06日

10月05日

10月04日

10月03日

10月02日

10月01日

9月30日

9月29日

9月28日

9月27日

9月26日

9月25日

9月24日

9月23日

9月22日

9月21日

9月20日

9月19日

9月18日

9月17日

9月16日

9月15日

週間ランキング

  1. 渋谷の観世能楽堂が閉場

※無断転載を禁じます。 当ホームページに掲載の記事、写真等の著作権は大分合同新聞社または、情報提供した各新聞社に帰属します。
Copyright (c) 2008 OITA GODO SHIMBUNSHA